カテゴリ

カテゴリ:オンガク

カテゴリ:

今日はジョン・レノンの命日。

そんなことは忘れていたけど、夕べニュース番組で特集をやっていたので思い出した。

あれから30年も経ったなんて信じられません。

自分も年をとるワケだ…。


30年前のその時のことはよく覚えています。

そのニュースを聞いても半信半疑でしたが、翌日学校へ行くと、音楽好きな仲間の間でその話題が上がりました。


放課後学校からの帰りに、画材屋の隣にあった喫茶店で「ジョンの冥福を祈る会」みたいなのが行われていました。

とってもその店に入りたかったけど、自分はまだ高校生だったよな、確か。

そこは学校からすぐ近くだし、やばいでしょー。


同じ学校の大学部の人達が続々とお店に入って行くのを見て、羨ましかったー。

私もその喫茶店で、皆とジョンの事を分かち合いたかったー。


私の青春はとにかく音楽無しでは語れません。

何よりも音楽が大事でした。(学校の勉強=美術よりも!)


あーあ、なんか最近その頃のことをよく思い出すんだよね。

年だな、完全に。


サンバフェスティバル

カテゴリ:

昨日は花小金井駅前でサンバフェスティバルが行われました。

毎年恒例のこのイベント、今年で何回目でしょうか。


この日はものすごい数のビデオおやじが、こんな私鉄の地味な場所へ集まってきます。

そして半裸の踊り子達と共にカメラを回しながら歩道をズンズンと移動して行くのです。



衣装を見るのが結構面白い。

最近はドクロとか雲の巣とかをモチーフとしたデザインが多いです。



踊り子さん達に続いて楽隊がパレードします。

古いappleのデザインのTシャツを来た人が居て、思わずシャッターを押してしまいました。
何処を見てるんだ、私!
この辺りにはビデオおやじ達はもう居ません。


このサンバの演奏が年々うまくなって、昨日は結構盛り上がってしまいました。(私だけ)

ブレイクの後のタイコのフレーズが超カッコ良かったんです!

思わず拍手!!(約1名)


私はこの楽隊が面白い。

やってみたい。


カテゴリ:

めったにテレビドラマなどにはハマらないタチなんですが、ここんとこ毎週木曜の夜は「不毛地帯」を見てました。

第1回目の放送は途中から偶然見たんだけど、エンディングテーマにトム・ウェイツの歌声が!!

それだけですっかりハマッてしまいました…。


これ、スモール・チェンジの1曲目に入っている曲です。


ドラマの本編も面白かったけど、やっぱり最後にエンディングテーマを聞きたくて観てたのかもしれない。

うーん、終わっちゃってちょっと寂しい。


先日昔の音楽サークル友達に久しぶりに会った時にもやっぱりその話題が出ました。

不毛地帯にハマッた、トム・ウェイツだよ〜、と。


でも実は私はトム・ウェイツはクロージング・タイムが1番好きです。



このアルバムは間違いなく名盤、全て良い曲だけど、何か1曲選ぶとしたら「Ol' 55」。

カテゴリ:

今日は音楽の話。


娘のピアノが一向に上達しない上に、
音(を)楽(しむ)の本来の意味を忘れている様なので、

最近弾き語り(古い言葉!)を始めています。

やっている曲はユーミンの「守ってあげたい」とか「ルージュの伝言」とか。

なんでユーミンかっつうと、まずジブリ映画が好きなんです。

それで、本人の希望でジブリの映画の曲をやってみたんですが、

まともだと思う楽譜を買って来たら、これがめちゃくちゃ凝った難しい曲が多くて、

めげそうなんで「魔女の宅急便」つながりでユーミンに移行してきました。


ついでにコードを教えると音楽が楽しくなってくるかなあ、なんて思ってるんだけど

それはまだすぐには無理みたい。


さっき娘の弾き語りを聞いていたら、

「ああ、ちょっとうまくなったなあ。お父さんに聞かせてあげたかった。」って

唐突に思ったんです。


私が小学生の時に、唄が好きだった亡父のピアノ伴奏を盛んにやっていた事が

急に鮮明に思い出されて、ちょっと感傷的になってしまいました。


2才だった孫が小学生になって、私みたいに弾き語りをしている姿、

見たかっただろうなあ。


最近は娘は夫とウクレレでアンサンブルするのが楽しいみたい。


お父さんと娘で音を楽しむのはちょっと素敵です。


フレディ

カテゴリ:
先日教えてもらったエンソル(演歌+ソウル)のフレディ。
関西空港」という曲がスゴイです。



最近ではキリンジ以来の衝撃です。

最初、「お?この曲誰?すごいかっこいいじゃん。ソウルの新人か、それとも私が知らない名曲?」
とか思うんだけど、唄が始まった途端「え?日本語?」とビックリ。

後はもうそのカッコ良さと妙な歌詞に爆笑です。
しばらくコレで幸せ気分が味わえそうです。

なんたって、ソウル好きにはたまらない。

このページのトップヘ

見出し画像
×