カテゴリ

カテゴリ:かぞく

一ヶ月経って

カテゴリ:
娘が高校に入学して一ヶ月以上経ちました。
私はとにかく今迄より早く起きなければならなくなった事、それから毎日不得意なお弁当を作らなければならなくなった事が大変で、やっとこのリズムにも慣れてきました。
お弁当はとにかく毎日飽きない様に変化を付けた内容にしたいと思ってるけど、やっぱり同じ人が作ると同じ様な感じになっちゃうんですよねー。 そもそも料理のバリエーション少ないし…。
でもまあ子供の栄養を考えると、購買の菓子パンとかは避けたい。
できるだけお弁当頑張ります! 

さてさて、娘の方は既に遠足などの行事を終えておりますが、すっかり学校には慣れて毎日楽しくて仕方がない様子。
同じ分野を志す仲間との交流はもちろんのこと、舞台表現科の生徒さんとの関わりも新鮮で、華やかな雰囲気のその子達の似顔絵なんかを描いてる日々です。
何故か音楽科の生徒さんとは今のところ関わりが無い様です。
ただやっぱり初めての電車通学は疲れるみたいで、中学時代より早寝になってます。 

先日は保護者会や公開授業なんかがあって、最初なのでどちらもちゃんと参加しましたが、色々と気付いた事があったのでちょっと記録しておこうかな。

まず入学式から今迄通して一番感じたのは、この学校すごく父親の参加率が高いという事。
特に保護者会に来ているお父さんが多かったです。
夫婦揃ってとかお父さんだけ、っていう家庭が3分の1くらい居ます。
コレってもしかして都会の学校の特徴なんでしょうか。
お母さんがしっかり働いている家庭が多いせいなのか、中には「妻はロケが多く留守がちなので私が子供や家庭の事は任されています」なんていうお父さんも居て。 
あとは学校の特性からお父さんの職業が比較的平日に休みが取り易い方が多いのかなー、とも思いました。
自営業とかフリーのデザイナーとか、そんな感じの? 
とにかくそれはとっても良いことだと思うんです。
だって大事な子供の事なんだから情報を直接共有したいよねえ。
どうしても母親からの伝言だとフィルターかかっちゃうからありのままの情報にならないかも、って思うんです。

あと感じた事は学校の考え方が素晴らしい。…と私は思います。
先日の公開授業で油絵の講評を見たのですが、 なんというか大事な事をおさえていると言うか、スキルとか熱意とかだけじゃない何か(うまく言えませんが?)をちゃんと評価する姿勢を感じます。
個性を殺さない教育というか、なかなか言葉では表現しにくいですが、とにかく私みたいなタイプの人間が妙に納得してしまう良さです。
受験大事な親御さんによっては不安を感じる学校かもしれません。 
この後どんな経過をたどるかは判りませんが、とりあえず本人も親も今はこの学校で良かった、と思える状態です。

しかしながら油絵の出来はたいしたものです。ウチの子も含め多くの生徒が初めての油絵らしいけど、同じ壷を描いても全く違う個性を発揮していて、講評が面白くて結局他の授業はあまり見に行けませんでした。
自分の作品が無いから気楽に楽しめるのかもしれないけど。
(高校当時自分の講評は心臓バクバクでした!)

あっ、後は体育の授業で子供達の運動能力があまりにも低いのでビックリしました。正直ヤバイ位だと思います。
よくもここまで運動音痴な人達が揃ったもんだ、って感じ。
やっぱり人には得意、不得意が有るんだねー。

そんな感じで娘の新生活も始まったけど、私は相変わらず迷走中で、そろそろ次のステップを掴まないと、ね。

まずは継続中のハンドメイドは相変わらず頑張ってます。
最近は在庫が切れていた長財布を数点作りました。

nagazaifu01









開けてみると皆表情が違っていて楽しいです。

nagazaifu02









それから娘が頑張っているレジンアクセサリーはこんな感じの品揃え。

rejin01









自分のモノを出すのならちゃんと店番しろよ!と言ってます。
次回のイベントは今週末。 
ちょっと田舎だけど駅ビルの中なので、是非来てください。
今回はNo.39のブースでお友達との共同出品です。

●第12回東村山てづくり小物雑貨市

2014年5月24日(土)25日(日) 午前10時~午後5時
 
東村山駅西口ビル サンパルネ コンベンションホール

※私か娘が居るのは25日(日)のみです! 


 

春

カテゴリ:
もうとっくに春なんですが、大変更新をサボッてしまいました。
実は気管支炎に繰り返しかかりまして、ちょっと心身共に弱ってました。

多分子供の受験で思ってた以上に疲れたんですね、自分が。
あとは進学する分野が自分と同じになったので余計なプレッシャーを感じてしまったのかも…。

とにかく子供の合格発表の翌日に高熱でダウン、その後
気管支炎に移行して 一ヶ月以上引きずりました。

3月には回復して自分の雑貨の展示会の間は元気だったのですが、子供の入学式の翌日にまた風邪でダウン。
前回と同じ経過で気管支炎になり、やっとこさ治りました。

ここでちょっと愚痴っちゃうけど、入学式&説明会&保護者会&画材販売会、っていう一日仕事がホントきつかったです。
まあ自分の体調が悪かったせいもあるだろうけど、とにかく疲れました。特に最後の画材を購入する工程がしんどかったです。

80名の生徒が事前に注文してあった画材の購入、支払い、点検、記名をするだけの話なんだけど、油彩道具、デザイン道具、素描道具がそれぞれ業者が分かれていて、長蛇の列に何回も並んだり、重たい画材を持って階段を上がったり下がったり。
私の様な中年にはかなり負担な作業でした。
やっぱりあと10年早く子供を生んでおくべきだった〜、とゲッソリ。 
自分が行っていた私立の美術系高校は学内に画材店があったし、入学時のそんな苦行は無かった様な気がします。
母親も入学式に来たっけ?みたいな。
学内に画材店、学食が無いってあたりが公立なんでしょうねー。

あとは入学してからのお弁当作りも不得意分野なもので大変ですよ〜。
入学式の後ダウンしたもので、最初の2日間は夫に作ってもらったのですが、3日目以降はずっと頑張ってます、この私が! 
昼休みは出張パン屋さんが来て、パンだけは買えるみたいだけど、やっぱり栄養面で心配だもんねー。 
ってたいしたお弁当は作ってないけどね。

まあ子供はとっても楽しい様子で、初めての電車通学も辛くないし、校風も生徒達も自由過ぎてコワイ位みたいです。
ツナギ(実技用)やハッピ(気合い用?)を着て登校してくる生徒もいるらしい…。

学校側からくれぐれも言われた事は
1.ちゃんと毎日通学して単位を取得すること
2.遅刻をして他の生徒に迷惑をかけないこと
3.サンダルやロングブーツは禁止
の3点でした。それってほとんど当たり前の事じゃん! 

写真は不得意ながらもなんとか続けているある日のお弁当。

お弁当









子供がふざけて顔を付けてました。 

高校受験を終えて5

カテゴリ:
三学期になると、画塾では総芸推薦志望の子は3時間デッサン、一般志望の子は4時間着彩の練習に入ります。
実際に練習が始まったのはホントに1月に入ってからで、実は私は早く時間内で描く為の練習を始めてくれないかとやきもきしていました。 

ここ数ヶ月はとにかく着彩の課題が多かったもので、1月の最初の3時間デッサンはちょっとどうなの?…という状態でした。
なんか探る感じの自信のないデッサンの様に見えました。

D01









この時期画塾からは、受験前の集中講座という形で平日の夜に行う別料金のプログラムを奨められたのですが、そこで更なる出費や労力をかける事に私は疑問を感じました。
できれば受験前の時期に無理をさせたくない、体調管理が一番大事なんだから。
しかし推薦を目指す子はほとんどそのプログラムに参加している、という話でした。

母親ってそういう話を聞くと、
どうしても子供を心配する気持ちからやっといた方がいいかな、と思ってしまうものです。
大体の場合、それで学習塾に行く様になるのです。もちろん本人の勉強したいという希望も有るのでしょうが。 
学習塾に関してもそういった誘惑(?)がこれまでにも幾度もありましたが、本人の塾には行かないという強い意志があったのでこれまで切り抜けて(?)きました。
しかし今回は大好きな絵に関する誘惑なので、私にも本人にもかなりの迷いがありました。
でもまあこの時期平日にバスで画塾に通うのは負担だと思い、自宅でできるだけデッサンを描く、という形で頑張ろうと決めました。

で、その頃に家で描いたデッサンがこんな感じです。

 d2









d3









d4









d5









d6









モチーフを考えるのが実は結構楽しかったです。
あと、自分は描けないくせに、講評するのが意外と楽しかった。
他の事では素直じゃない娘がわりとすんなり私の意見を聞き入れていたのが不思議でした。
ちょっと椅子とテーブルのセッティングが悪く視点が高過ぎること、イマイチ光源の良い場所が無かった事などが問題となりました。

最後の方に画塾で描いたデッサンがコレ。

d7









上手くなってるんじゃない?って思ったけど気のせいかな。

受験の前に風邪気味になって2、3日学校を休んだりしたけど、無事に落ち着いて実技試験を終える事ができ、1月末に推薦で合格しました。
結局併願校の私立は願書を出すこともなく済んでしまい、とても出費の少ない受験で助かりました。

もし大学に行くことになったらまた三年後に同じ様な苦労をするのかと思うとそれも面倒だけど、とりあえず希望の道に進めて本人はとても満足そうです。

その後都立の一般入試の発表が終わるまでにひと月程あり、あからさまに喜んだりする事はできなかったみたいだけど、順調に学年全員進学先が決まり、卒業の為の合唱の練習や会場の飾り付け、文集の制作などに取り組む毎日を送ることになりました。

そういえば最近の若者は
同じ学校に入学する予定の人とTwitterやLINEで知り合って、事前に友達になっちゃうみたいです。
なんだか既に友達が数人居るらしい。
実際会ってみないとどんな人か判らないじゃない、って思うけどね。
昔の様なドキドキがないのが良いことなのかどうなのか。
今は告白とかもメールでしちゃうらしいからねえ…。

普通科目指す人にはあまり参考にならなかったかもしれないけれど、誰かのお役に立てれば嬉しいです。

余裕があれば、入ってからの事もレポートしたいと思います。

おしまい。



 

高校受験を終えて4

カテゴリ:
夏になるとそろそろ志望校をしっかり定める時期となり、学校見学に行く様中学からも指導がありました。
この時点での第二志望は私の卒業した女子美の付属高校が濃厚だったので、早速施設見学に行ったのですが、その頃の事はこちらの記事をご覧ください。

結局娘が出した結論は、第一志望は当初の予定通り都立総合芸術高校、第二、第三志望はどうでもいいけどあえて受けるなら普通科、という事でした。

 sogei









残念ながら私の母校は候補にも入りませんでした。
楽しそうな学校だけど何か自分の雰囲気とは違う、という事を見学会や文化祭で感じたみたいです。
で、総芸落ちたら比較的近所の普通科で三年間過ごして、また大学で美術系を目指すという考えでした。

確かに女子美の高校からは女子美の大学へ進むのが王道パターンなので、現在の大学の所在地である相模原へ毎日通うのはちょっと大変かなー、とは思いました。
実はウチからはムサ美が頑張ればチャリで行ける位近いんです。

もちろん親としては都立に行ってもらうと経済的には助かります。そういう気持ちが子供にあったのかどうか…聞いてみたけど関係無いよと言ってます。実際もし私立になっても近所に住む母が「助けてあげるよ
本人にも(!)言っていました。

まあとにかく本人が決めた道を尊重するのが私の方針ですから、少し寂しい気がしましたが納得するしかありません。

その後、近所の錦城高校や拓大一高などを見学して良い印象だったので、この二校を併願校とする事にしました。
この辺りの顛末も過去の記事を見て頂ければ。

一方学科試験対策はというと、はっきり言って何やっていいのか判らないというのが本音でした。
何度も言うけど学習塾に行った事ないし、本来勉強好きだったらそんな道選ばないのです。

真面目な性格が幸いして、定期テストの結果はいつもそこそこ良かったのですが、実践となると一体娘にどの程度の学力があるのか判りませんでした。で、模擬テストを受けてみる事にしたのです。

結果は志望校に対しては合格確実圏内でした。
ただ学校の成績に比べると少し偏差値が劣るタイプだという事が判明したので、都立は推薦入試で合格する事を目標に設定しました。

とにかく定期テストで良い結果を出して内申を良くする事、実技は画塾で腕を磨く、そういう作戦です。 
その単純な作戦は結果から見れば正解だったみたいです。

ちょっと疑問だったのは、第一志望校よりも滑り止め(?)の併願校の方が学力のレベルが高い学校だった事です。
娘の場合、都立推薦入学を目標にした為定期テストを頑張った→内申が上がった→私立の併願がとりやすい、という事になり結果的に目指すクラスの普通科の併願がとれたみたいです。
実際、それらの過去問をやってみたらとても難しくて、一般で受験してたら受かったのかどうか…。

そんなこんなで三学期になり、生徒達がドキドキの受験がいよいよ近づいてきました。

次回に続く


 

高校受験を終えて3

カテゴリ:
さてさてー、そんな感じで楽しい日曜の画塾生活が始まりました。
こちらの画塾、毎回モチーフ設定がスゴイんです。
最初の数回は鉛筆デッサンで始まったのですが 、何回目かにいきなり牛骨を描いてきた時は、えっ?って思いました。

gyuukotu









これはかなり時間かけて描いたデッサン。12時間くらいでしょうか。

furoisu









その後も大体6時間くらいで
風呂椅子に竹の柄杓とか、ちょっと形狂ってますね。

kyupi









キューピーちゃんとぬいぐるみとか
描いてました。
もっと時間が欲しい感じ。

夏頃に始まった着彩でのモチーフはもっと複雑で…

okame









お面だ! 丸太にピラピラした紙テープにビリヤードの玉、ガラスに入れちゃう?みたいな。

nawa















デカイ壷にワラみたいなのくっ付いてる上に縄グルグル巻き。

kamen
















出た!またお面がスチール缶にヒモでくくり付け。
金属のレトロなじょうろにクーガのフィギュア…。
なんかまるで中央線沿線に有るレトロな雑貨屋さんの品揃えです。

結構面白いぞ、次なにが来る?みたいな感じになってきました。

面談の時に先生が言ってましたが、難しいモチーフをガンガン描いておくと、入試近くに3〜4時間で仕上げる練習を始めた時にドンドン描けるんです、と。
へえぇ、そういう作戦かあ、と思いました。

次回に続く







 

このページのトップヘ

見出し画像
×