アーカイブ

2009年01月

ミサンガ

カテゴリ:

実家の整理で大量の刺繍糸が出てきた!

コレを使って何かできないかと考えた末、丁度娘が友達のプレゼントに作ってみたいと言い出したので、ミサンガを作ってみることにしました。かなり流行から遅れてます。


得意の『今あるもので何か作るシリーズ』の始まり始まり〜、って感じで。


簡単そうなブレスレッドタイプを2コ作った後に、ストラップ状のモノも作ってみました。


なんかミサンガって願掛けとかのイメージがあって面倒だったのですが、調べてみるとそんなに深い因縁や歴史のあるものじゃないみたい。

そんじゃまあ、アクセサリー感覚でつけてもいいのかな、って感じで。

とりあえず、どれも取り外せる形式にしてます。




庭

カテゴリ:
寒いよ〜。
実家の整理はやっと山の半分辺りまで来たって感じで、最近は休み休みやってます。

最近はとにかく寒いです〜。

話題に困った時は、得意の庭の様子をちょっとお見せしてごまかします。



アブチロン。最近とても色は濃くなってキレイです。
これって冬に咲く花だったのね、知らなかった。



ずーっと大事にしているラベンダー。
なかなか元気に育たず、ババーンと花が咲いたことも無い。
夏の終わりに思い切って短くしたら、ちょっとイイ感じに伸びてきました。
今後が期待できるかな?



東急ハンズ

カテゴリ:
新規のお客様からお仕事の依頼があり、渋谷まで出かけました。

渋谷って最近苦手です。
昔は(大学の頃)在籍していた音楽サークルのからみで、週2〜3回位渋谷に行ってましたが、ここ20年程度は殆ど行ってません。

昨年久しぶりに渋谷C.C.Lemonホールへ行った時に、渋谷のウザッタさをすごーく感じました。
なんか駅前の交差点の辺りの混雑や、若い人達のごちゃまぜエネルギーにやられて、落ち着かない。
夜はなんだか不穏な感じがして歩いていると危機感が高まってきちゃって、早く帰りたい〜っ!て思います。
そう言えば、ちょっと前渋谷で突然老女に刺された女性も居ましたね。

「最近は渋谷に行っても何していいか判んなくなっちゃって、つまんないんだよねー。」
とか言ってたら、夫が
「周りの事は気にしないで、昔の様に行動すればいいんだよ。」
と言うので、そうか!と思い、東急ハンズに寄ることにしました。

行ってみたら東急ハンズは昔と全く変わらないし、お客さんの空気も自然な感じ。
最近探していたけどなかなか気に入ったものが見つからなかったアイテムが色々見つかり大喜びしちゃいました。

1.スペースペンの替芯


15年以上前、脱サラした時に外注さんから頂いたスペースペンの替芯がなかなか見つからず何年も使用できずにいました。
ふと見ると透明ケースの中に同じものが売っている。→ということは替芯もあるのね。→やったー!
ところでこのスペースペン、4,200円もするのね。全くありがたみが判ってなかった私。ごめんなさい。

2.アーロンチェア



ずっと欲しいアーロンチェア。近所で現物を置いている店が無くて、座り心地を確認できなかった。
あ〜、やっぱりいいわ、座り心地。今年はコレを買いたい。

3.やかん



ウチはコーヒーを手で入れるのですが、ドリップし易いやかんは無いかと探しています。
コレは結構いいかも。

4.トング



料理にも使えて取り分けにも使えるイイ感じのトング。探していたんです。
コレはかなりいいかも。
料理担当に相談して、検討することにしました。

次々とゴキゲンなものが見つかり、すっかりイイ気分になってしまいました。

ビバ!東急ハンズですよ。

カテゴリ:

年末から忙しい日々が続いています。

週末は娘の小学校で『どんど焼き』があり、今年も開催のお手伝いに参加。

皆で協力してイベントを開催するのは楽しいけど、寒い中丸一日外で立ちっぱなしというのがこの年には辛い。

でもまあ娘が満面の笑みでモチを食べている様子を見るとね。


実家の整理では色々なことを感じています。


《昔の人はモノを捨てられない。》


とにかく他人が見たらゴミだと思う様なものが押し入れや納戸に詰まってます。

よくもここまで保管したものだ。しかも7年前父が他界した時に一度整理しているのにまだこんなにあったのか。


母は半ばヤケクソで色んなモノを「捨てるわ!」と言います。

「もうちょっと落ち着いて良く考えて、気に入ってる物はとって置けばいいじゃない。」と言うと

「全部捨てる気にならないと、全部取っておきたくなるのよ。」と言います。


なるほど、そういう気持ちなのか。


一緒に整理していると、〈要るか要らないか〉の判断が全く違うことに驚きます。


自分が昔描いた絵や、ここ30年位の間に購入したプリント化粧板の本棚は私は要らないと思います。

だけど祖母の代から大事にとっておいた人形を不燃ゴミの袋にポイっと入れることは私にはできません。

父のスケジュール帳もなんとなく取って置きたい物のひとつ。


母はすごく古くて今まで大事にしていた物までも、この際捨てよう!とか思っている様です。


母には良い思い出に囲まれて、すっきりした空間で心地良く毎日を過ごして欲しいとか思うのですが、案外本人はゴチャゴチャした狭い中で今を生きているのが幸せなのかもしれません。


二階の一部屋を空けるという目的で始めた実家の整理ですが、その過程で色んなことを感じる今日この頃です。


人にとって何が大切か、心地良いかって判らないもんです。

いくら家族でも自分の価値観を押し付けない様にしないとね。


年末のジブリ美術館

カテゴリ:
またまた昨年の話ですが、年末に娘とジブリ美術館へ行ってきました。
ホントはディズニーシーに連れて行ってやりたかったけど、色々と忙しくて予定が合わなかったので近場のジブリにしました。

12月29日まではクリスマスの装飾がなされていて見応えありました。



大きなクリスマスツリー。シンプルでステキ。



中庭のマンホール。
全ての部材にこだわりが感じられるのは、ディズニーとジブリだけではないでしょうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×